• 雑記

一週間でBlenderをどこまで習得できるかRTA

画像:blenderRTA

ゴールデンウィークは10連休だったので、生放送で前々から宣言してたblenderの習得RTAをしてみた。MMDは9年ぐらい、MMDモデルmodエディターであるPMDeもそこそこ触ってきたのである程度の下地はあるけど、一からモデルを作ってみるってのは面白そうだということで…ということで「7-days blender RTA」の振り返り、はっじまっるよー(例のボイス)

ちなみにこういうチャレンジは短時間で常に完成させ続けることが上達の道筋だと思ってるので、分かんないことは調べる/スタックしたらほったらかして形にすることを最優先にした。

DAY1 コワレ式なにか

これ以外にもバージョン2バージョン3が存在する。

DAY2 コワレ式ミニフィグ

モディファイヤー!のミラーを覚えた。あと円形の押し出しみたいなやつ。

DAY3 コップ

実家に帰る前にササッと。雑すぎて話にならない。

DAY4 ボウイナイフ

なんとなく使えてきた。ただまだ無駄が多くて、刃の部分で右往左往。

DAY5 バイファムの頭部

カクカクなのでガンダムより作りやすいかなと思って。でも大苦戦だった。局面の出し方が全然わからないので、割と力技を使った。つまり手動だ!(細分化して手で曲げた)
投稿したあとに曲面の出し方が分かったので砲台っぽいのを適当に作った

DAY6 スマートフォン

手元にあったiPhone6sを適当サイズで作成。ブーリアンとかナイフ投影とか覚えて出来ることが格段に増えたけど、レンダリングもそうだけどマテリアル分けを全然理解できてなくてやむ(夢見りあむ)

あとそろそろテクスチャとかUV展開もやってみるかーみたいな軽いノリで手元にあった初音ミクのグラフィグ。めちゃ大変だった。

DAY7 エレキギター

SUGIのDS499Rがモデル。写真だけじゃよくわからなかったんでブリッジとかペグ周りはレコーディングでメインでずっと使っている安物のFender Japanのテレキャスターを参考にした。構造をある程度理解していると説得力も変わってくると実感。

日を跨いでレンダリングのテスト。やっぱきれいだけど、ここから地獄が待っているのであった。

DAY8 エレキギター延長戦(MMDへ)

ペグ周りの細かな修正だとか有志のプラグインでPMXでエクスポートしてPMDeへ移行…の前にblender上でマテリアルの分割だの統合だの。一度作ったものを整理するのは結構苦痛だった。とはいえ、ようやくここでマテリアルと編集モード、あとモディファイヤー!(ファイヤー!)の使い方がわかる。やっぱり失敗から学ぶことは重要。これで今後は作業がしやすくなるんじゃないだろうか?

エクスポートしたPMXデータを元にPMDeでMMD用に編集。スフィアの選び方がさっぱりわからんちんなので適当にハグッてきたらこれがダサくなって泣きそうだった。もっとシャープさがほしい。
モデリング、覚えることめっちゃある。リグだかレグだかもいずれは通る道であろう。頑張らねばなりませんね、ナナチ。

まとめ…モデリングは怖くない

大変だったけど、ある程度MMDで下地を積んでたり、モディファイの経験がある人なら割と行けるんじゃないだろうか…というのが7日間+αやった上での印象。

blenderはクセがあるとか言われるけど、初めて触るツールになんの印象も持てるはずがないのでこんなもんか〜という感じ。ただblenderをずっと触ってると、他のツールに移行した時に「???」という感じになる。PS4で洋ゲーの決定がXボタンに振られてるみたいな。

次は自分の好きなスニーカーでもモデリングしてみようかな。

pixivFANBOXで支援を始めてみませんか?