• 雑記

顔を晒せるオタクが羨ましい

画像:自撮りする鳥

たまに回ってくる「この絵を描いている人の中身」みたいな感じで自作のイラストと自画撮りを並べてる人いるじゃないですか。海外でもちょっとばかし流行ってたみたいなんですけど、アレすげえなーって思うんですよね。なんていうか「ああ、この人は創作が逃げ場ではなかったんだ」みたいな強烈な劣等感を突き付けられるっていうか。たぶん「こんなイラスト描いてても現実の俺はこんななんだぜ」みたいなギャップを感じさせたいんだろうけど、それ以前に「写真に映る自分をネットに載せることに対して抵抗がない」みたいなのが素直に羨ましい。

類は友を呼ぶって感じで、やっぱ自分の周りの創作してる人って一次だろうが二次だろうが創作すなわち俺や!写真?撮られて霊が写ってるって噂されると恥ずかしいし…みたいな感じの人が多くて、たまにいる妙に自分自身に自信を持ってる人を見ると別次元過ぎてまず理解が追いつかない。鏡を見て自分にうんざりし、何かを行動すれば間違いで、イラストをネットに上げたらフォロワーが減る。そんな日常のどこに自信が存在できるんだっていうアレですよ。

そういう嫉妬だとか羨望が創作の原動力になってる部分が多くて、そういうのが当たり前になってるとグリーフシードがどんどん濁っていくばっかりでね。もっと純化して創作できればいいんですけど、なかなか難しいですね。

pixivFANBOXで支援を始めてみませんか?