• 雑記

「おっさんずラブ」の楽しみ方が分からなくて挫折した話

画像:ドラマのイメージ

話題になってたので実際に見てみましたが、楽しみ方が分からなくて挫折しちゃいましてね。観てて実際面白かったし、笑ってしまう部分も多くて良質なコメディだなぁと思ってたんですが…

自分の中でどこに面白さのポイントを置いてるか混乱してしまって素直に笑えなくなったんですよ。僕の世代はフジ黄金期で、とんねるずのホモマンとか保毛尾田保毛男でバンバン笑ってた時代。
同性愛だとかそういう性のあり方がセンシティブな扱いで難しいじゃないですか。同性愛、とりわけホモセクシャルを面白おかしく扱ってきた時代を経ているので「いま僕は部長が奮闘しているシーンで笑ってしまったけど、これはホモが奮闘してるから?それとも面白い演出だから?」っていう内心の混乱が起きちゃったんですよね。

今の時代に照らし合わせると「ノンケの部下にズレたアプローチを仕掛けるホモの上司」ってのは地雷要素が多い。これを仕掛けた側がどこまで考えているかは分からないですけど、裸足で地雷原を全力疾走して(運良く)走り抜いたって印象で。
最後まで見てないので、結局面白かったかそうでないかは判断できないんですが、少なくとも僕は自分の中での葛藤が大きくて、「見ない」っていう選択肢を取ってしまった。

考えすぎってのは判るんですけどね。マイノリティ、マジョリティが見て面白いって喜んでんだからいいじゃん、みたいな。

pixivFANBOXで支援を始めてみませんか?