• 雑記

カミングアウト出来る社会を目指すのってなんか違う感じしません?

画像:虹

同性婚に「賛成」が全体の約8割を占めた。調査でわかった5つのこと」って記事を読んで、カミングアウトの項目でめっちゃモヤモヤしまして。

上記の記事の結果で「職場でのカミングアウトに抵抗があるLGBT層は、50.7%」って結果が出てるんですけど、なんかカミングアウトして当然みたいな感じになってないです? 職場でしか顔を合わさないような連中に自分の性傾向をオープンにするって罰ゲームじみてて最悪だと思うんですけど。「秘密にはしない、でも誰彼には言わない」で良いじゃないですか。というか打ち明けなくても良い社会を目指すのが筋じゃないですか。偏見や差別が根強い以上、現状では相談する機関や窓口の充実は必須だと思いますし、勇気を出して誰かに言いたいなら信頼できるカウンセラーに対してってのが一番安心だと思うんですよね…だってプライバシーだし。

そういえばアライ(Ally)ってのがあるそうです。「LGBT当事者たちに共感し、寄り添いたいと思う人たち」ってのを指すそうなんですけど、自分を他人に理解してもらうことすら難しいのに、誰か一人に寄り添うことですら難しいのに、そんなアクロバットじみた芸当が出来る人間が存在するそうです。菩薩かなんか? 共感できなくても、寄り添えなくても、理解する努力をし続けるってのが現実的だと思うんですけど、共感や思いやりみたいな建前が必要なのかなぁ。理解の和を広げるためには現実的な落とし所がまず必要だと思うんですけどねー…。

pixivFANBOXで支援を始めてみませんか?