• 雑記

もう何がカッコいいのかわかんねぇ

画像:英字新聞

時代によってカッコいいものって移りかわるのが常なんですが、昔のCMなんか見たりすると「これ当時カッコよく写ってたの!?」みたいなのが少なくなかったりしますよね。

僕の世代ではダサい運動靴の代名詞だったasicsも、今や渋谷や銀座にヘッドショップを展開させるまでオシャレピーポーの選択肢に食い込んできてて「とりあえず否定するには持ってないとね、何かしら言えないし…だって評価できないでしょ?やっぱ一足ぐらいは持ってないとダメなんだよ…だからこのカモのGEL-LITE IIIは買って良いんだ」という正当性のある理由からasicsも一足持ってるわけですが、数年前までは選択肢にも入らないアイテムだったんですよね。

とはいえ、今の時代に僕の価値観がついて行けてなくて、アッパーの色使いなんかはドンピシャなのにソールに妙な装飾がしてあると「やっぱりな」という理由で速攻スルーみたいな。GEL-DIABLOとかがそんな感じで。えっちょっと待って、これスゴイ…アレじゃないですか…?えぇ…スッゴい…なんか…アレじゃない…?

画像:GEL-DIABLO
© 2018 ASICS JAPAN CORPORATION

ダッド・スニーカーが持て囃され始めたあたりから、もう何がカッコいいのかわかんねぇです。フットウェア以外にもネルシャツや釣具ベストが流行ったり、ウェストバッグがホットだったり、ついさっきまでダサいとされてたものが祀り上げられると「もうホームセンターで売ってあるアイテムも”アリ”なんじゃねえ!?」みたいな。オタクとオシャレ最先端人の違いって面とスタイルと考えると…次はアレだな!シャツに英字新聞みたいなんがプリントされたやつが来るな!オシャレ!!

ASICSTIGER Japan | Sneakers & Streetwear

pixivFANBOXで支援を始めてみませんか?