• 雑記

繊細かつワイルド!オニツカタイガー「TIGER HORIZONIA‎」レビュー

画像:オニツカタイガー

プレスリリースを見てからコレは絶対手にせねば…と考えていたオニツカタイガー「TIGER HORIZONIA‎」をGET!一日履いてみたので早速レビューしていくぞ!

国産ブランドだからこその履き心地

いやー、良いですよこれ。アシックスタイガーはGEL LYTE IIIを2足ほど所有してるんですが、実のところオニツカタイガーは初めてでして…ドメスだから良いって判断はしたくないんですけど、やっぱり流石というか、海外のフットウェアに慣れてしまった足だからこそ「や、やはりな!」みたいな。

足を通した感じは…なんでしょうねー「アッ良いねこれ?良いわコレ」みたいな独り言が勝手に口から飛び出してしまう感じ。僕は典型的な日本人足で甲高幅広なんですが、海外ブランドだと足幅キッツゥー!となることも多く、試し履きしても失敗してしまったりとか割とあってですねー…NIKEのダンクとかReebokのポンプフューリーもなかなか長時間はキツかったりしますね。

まぁ通常であれば多少の不具合も海外ブランドだししょうがないよなぁ~という不満をごく自然に解決、フィット感とかそういう言葉もちょっと大袈裟かな?という印象すら抱いてしまうGOODな履き心地です。カカトにはお家芸のGELも仕込んであるそう。

クラシカル&トラディショナルなカラー

2018-2019年のスニーカーと言えばまぁ先鋭的というか前衛的なカラー、半透明素材やグラデーション、大胆な配色のアイテムが散見されたわけですが、そんな中だからこそビンビンに映えるクラシカル&トラディショナルなカラー。プレスリリース時には既に全色お目見えしてましたが、ホントに発売日当日までウンウン悩んでました。

最終的には「ミッドナイトブルー×ピタヤ」と「グリーン×ピーコート」の二択まで絞り込んだんですが、最終的にはもう最初の印象でバシーン!ときた
「グリーン×ピーコート」 で。個人的にソールに色が入ってるのってガムソールを除いてあまり趣味ではなかったんですが、これはもう別格ですね。Aマークの一部に朱色が挿してあるのもヤバイです。

ほう~良さげじゃん!となった人は今すぐ試し履きするためにショップへ向かうと良いぞ!

pixivFANBOXで支援を始めてみませんか?