• 雑記

頑張って作ったなら褒めてあげたい

画像:ロコ

たまに自分の創作物をゴミとかおっしゃる方々を見かけるんですけど、アレ嫌いなんですよね。そりゃ創作して不特定多数の前で見せて見向きもされないとか中々厳しい。耐えられない。創ってる最中の「きっと大受けだぞ」と思い描いた理想とのギャップの衝撃が超ヤバい。真正面から受けると確実に死に至る。

そういう厳しいやつを何回か経験して、自分の創作を最初からゴミにしとけば「ゴミだね」って評価を受けた時に「でしょう、だってゴミだし」という建前で自分を護れることに気づいちゃった人なんでしょうか。

でも自分が目にする人が全員何かしら創ってると気づきにくいけど、一次創作であれ二次創作であれ、絵であれ動画であれテキストであれ立体であれ、自分の想像を形にするって実は中々出来ないことと思うんですよ。
ボカロPが流行ったりゲーム実況が流行った時に「なる予定の人」を見かけませんでした?ボカロPになる予定です!機材が揃えば実況する予定です!予定です!予定です。予定です…

画像:実家環境
出先ではiPadでテキストを打つ。思ったよりも悪くない

そんな創作に憧れる凡百の人間から抜け出て、拙くても何かを作りきって評価のスタートラインに立った人を見ると「すげえよ、よくやったよ。超頑張ったじゃん。やりきってんじゃん。半端ないって」と全力で拍手するんですけど、「これはゴミです」って言われると「ゴミに拍手さすなや!」って浜田が松本の頭をはたく感じになるんですよね…。

もうちょっと、自分の創作物を素直に愛してあげても良いんじゃないですかね。
いつか花咲く種を蒔いたかも知れんのですから。

pixivFANBOXで支援を始めてみませんか?