ゼラニウム

SONG DATA

SINGER
Megpoid
LYRIC
DAT3P
SONG
KOWAREMIKU

夢見る魚は漂う 空へ
だれもいない屋上
夕闇 満ちてく

灰色 ざわめく街
さわやか 褪せてく夏
赤いリボンと海
あの木漏れ日

忘れられない

額に入れたセンチメンタル
窓際の 眼鏡の横顔 見蕩れてた思い出

紙吹雪で見えなくなる
僕だけいない極彩色
塵みたいに 舞い上がった
そんなふうに 薄れてゆくのです

夢に見た蜃気楼 きらり揺らいだ
だれもいない舞台
台詞は なんだっけな

ため息 まぶしい街
ほころび いろづく春
雨上がり さよなら

風に吹かれ 宙を舞う思いも

花吹雪の香りがした
君しかいない極彩色
月のそばで 涙ほのめく
そんなふうに 笑ってみるのです

セーラー服のあの子は言った
「きみのいない季節 退屈ね」

そんなふうに ゆめをみたら
ゼラニウムの香りがするのです

LINK